Keith Devlinの「Logic and information」

a0010614_18265918.jpg


Keith Devlinの「Logic and information」を読んでいる。
これは情報、または情報の流れを数学的に定式化する試みである。
これまで論理学と言うと、古典的にはアリストテレス論理学があり、三段論法が有名だ。つまり、「ソクラテスは人間である、人間は皆死ぬ、故にアリストテレスは死ぬ」と言うような論法である。
その後、ブール演算のように真偽を決定できる命題に基づいた論理を数学的な演算として捉える論理学(命題論理)が発達した。
Devlinがやろうとしているのは、命題に基づいたロジックではなく、情報に基づいたロジックを数学的に定式化することである。(読んでいる途中なので、述語論理との関係はまだよく分からない。)
ロジック(論理学)は思考や推論の法則である。
「SならばSダッシュ」
Sのところに命題ではなく、情報が入る。例えば、人間(エージェント)が目で見て認識した情報や耳で聞いた言葉など。
infonは情報の断片
situationは世界の中の事象

今のところ、この辺りまで読んだ。

(20140902追記)
要するに現実の世界の情報の流れは、いきなり命題や文章ではなく、まず世界の事象とそれに対応して認識した内容があって、そこから命題や文章が組み立てられる訳で、ロジックが真の意味での思考や推論の法則を探求するものであるとすれば、そのような現実の情報の流れを数学的に定式化する必要があると言う事だ。

現実世界におけるロジック(思考・推論のプロセス)の例
1.ジョンはあるレストランに入った。
2.彼はウェイトレスの手が汚れているのを見た。
3.そのためジョンはすぐさまその店を出た。
by ykenko1 | 2014-08-31 18:26 | 情報論 | Comments(0)


<< Dretskeの“Knowle... “Quantum comput... >>