カテゴリ:心の哲学( 10 )

ダニエル・デネット;『解明される意識』

a0010614_15383810.jpgなぜデネットは好きになれないのだろうか?まあ、好きとか嫌いで判断してはあれなんだけれど。基本的には心脳問題に対する彼のスタンスが好きになれない。彼のロジックはこうだ、「世の中には物質しかない→意識現象は幻覚→適当に既存の理論を組み合わせて心脳問題は解決→おしまい!」。本書のタイトルからして『解明される意識 』 Consciousness explainedである。これで解明されているのか!私にはまったくそうは思えない。オリジナリティもあまり感じられない。つまりはあくまでも心脳問題をsimple problemとしていて、まともに扱っていないという印象。自分の頭で新しい道を切り開こうと言う姿勢がないと言うこと。

本書の中での一応、デネットのオリジナルのアイデアは以下の三つか?
 ・ヘテロ現象学
 ・多元的草稿説(パンデモニアムモデル)
 ・ミーム複合体によるヴァーチャルマシーン

どれもモデルとしての具体性に欠ける。ヘテロ現象学は主観的な意識の内容をセルフレポートをなるべく客観的に記録することで意識の現象学的な内容に迫るという方法論。しかし我々が感じている意識の内容で言葉で表現できるものがどれだけのものか?むしろ言葉にできない内容の方が多いではないか!多元的草稿説はミンスキーの「心の社会」と変わらない内容だし、ミーム複合体って何のことだ!?(ミームとはリチャード・ドーキンスが言うところの文化的遺伝子、文化的な行動の単位、のことで模倣を通して伝搬されるもの)何も具体性がない!ヴァーチャルマシーンって何?

なぜ繰り返し「カルテジアン劇場はない」と繰り返すのか。何回も同じことを聞かされる必要はない。説得力のあるひとつのモデルを提示してもらえばそれでこちらは十分納得する。それがないから納得できないのだ。哲学はプロパガンダか?

600ページ近くある本書で全く学ぶべきところがないと言ったら嘘で、ちょこちょこ面白い記述もあるけれど、中心的な内容については???だ。

にほんブログ村 科学ブログへ
by ykenko1 | 2007-12-15 21:20 | 心の哲学 | Comments(0)

目的志向的行動

私たちは目的志向的行動を通してただ単に何かを経験するというだけではなく、自己と世界に関するモデルを創造している。(目的志向的行動とは特異的な努力のこと。)


にほんブログ村 科学ブログへ
by ykenko1 | 2007-11-28 07:06 | 心の哲学 | Comments(0)

Mind Papers

MindPapers

チャーマーズの作った心の哲学と意識の科学関連のインターネット上の強力なreference集。膨大な文献(18078本)が大変よく整理されていて、これは便利。


にほんブログ村 科学ブログへ
by ykenko1 | 2007-10-25 22:24 | 心の哲学 | Comments(0)

情報の縦と横

この宇宙に存在する情報には縦と横があるのだ。それを区別しなければならない。
by ykenko1 | 2007-09-22 00:24 | 心の哲学 | Comments(0)

フッサールと神経科学

フッサールの『デカルト的省察』から

フッサールの現象学は独我論に陥っているという批判に対して反論した形の内容。
フッサールはデカルトのすべてを疑うという方法論的懐疑を厳密な学問の基礎として賞賛しながらも、デカルトの到達点は不徹底であったと批判している。すなわち「我思う、故に我あり」とデカルトが書いた時に、その「我」はあくまでもある「世界」の存在を仮定して、その中にある我(世界内存在としての我)であった。しかし「世界」が存在することは自明なことではないとフッサールは言う。彼は現象学的な考察を推し進めるためには「世界」が存在するか否かについては判断中止(エポケー)するべきだという。

さてその後に彼は
 「主観→間主観→客観世界」
という段階でわれわれは世界を知ることになるという。

我々はどのようにして他者を知るか。他者そのものを我々は直接に知ることはできないが、他者の身体および振る舞いにおける自己との類似性からの類推によって他者を知る、という。これはまさにミラーニューロンの話である。すなわち我々が他者を知るための機構をスペキュレイティブに探求したときにミラーニューロンのような仕組みが要請される!

さて、そうすると「主観→間主観→客観世界」という図式について神経科学の文脈で考えるとどうだろう?通常の神経科学のパラダイムは「主観→客観世界」である。しかし我々の成長過程に思いを馳せれば、我々は他者との交流と他者からの影響を我々の内に取り込むことなく、現在あるように世界を認識し、行動することはできないのではないか?端的な例は言語の獲得過程である。我々は他者との交流なしに言語を獲得することは決してできない。同様に我々の知覚や行動も他者からの多くの影響を受けて発達してきていることが容易に想像される。「我々の中にどれだけ他者が住んでいるのか?」「他者からの影響を全く排除した時に、我々はどのように世界を知覚し、行動するのだろうか?」

フッサールの著作を通して神経科学についての様々なインスピレーションを受けることができた。

哲学的科学というものがあり得るのだと思う。
by ykenko1 | 2007-09-10 23:32 | 心の哲学 | Comments(2)

心脳問題のアンソロジー

心脳問題に関してある程度の専門性を持った立場で取り組みたいと考えて以下の2冊のアンソロジー(言葉がふさわしくない?)から始めるのはいろいろな手間がはぶけてお得だと思う。


a0010614_10551033.jpg“Essential sources in the scientific study of consciousness”

一冊目は科学の立場から意識の問題についての重要論文を集めたもの。グローバルワークスペースモデルのBaarsが編集していて、Koch, Hubel, Logothetis, Edelman, Singer, Baddeley, Libetなどなど大御所の論文が68本。



a0010614_1055279.jpg“The nature of consciousness”

もう一冊は哲学の立場から心脳問題を議論している論文を集めているもの。William Jamesから始まってDenett, Ned Block, Colin McGinn, Chalmers, Kripke, Searle, Frank Jacksonなどなど49本の論文。
by ykenko1 | 2007-08-11 10:47 | 心の哲学 | Comments(2)

デビッド・チャーマーズのインタビュー

David Chalmer's Interview with John Hogan

心の哲学の分野で有名なデビッド・チャーマーズのインタビュー。インタビューアはサイエンスライターのジョン・ホーガン。チャーマーズが彼の著書、『意識する心』で言いたかったすべての中心的内容が語られている。とても分かりやすい。分かりやすすぎる!普通、哲学者は独特のレトリックを振り回して周りはついて行けない事が多いが、チャーマーズは全く難しい言葉を使わずに難しいテーマについて語っている。元々、数学者だったことも回りくどい言い方をしない理由なのだろうけれど。映画『マトリックス』の哲学的意義についての話し合いも楽しい。1時間6分。
by ykenko1 | 2007-06-01 22:33 | 心の哲学 | Comments(2)

マリオ・ブンゲ『精神の本性について』

a0010614_21353075.jpgマリオ・ブンゲ『精神の本性について』(産業図書)は1982年の出版と少し古い本だが、心身問題(心脳問題)を哲学的に整理するには大変参考になる。歴史的な心身問題に関する考え方を10に分類しているが、ブンゲ自身は創発的唯物論の立場を取っている。原題は“The Mind-Body Problem; A Psychobiological Approach”となっていて、原題の方が本書の内容を的確に表現していると思う。
by ykenko1 | 2007-04-16 21:40 | 心の哲学 | Comments(0)

Gregg Rosenberg "A place for consciousness" 2

Gregg Rosenberg の"A place for consciousness"の中からの話題、第二弾。

Rosenbergは「意識の境界問題」という問題提起をしている。自分の意識の所属しているのはこの世界の中の意識的経験の一部分であり、他の意識的経験は自分には所属していない。つまり意識現象にはある種の境界があり、それぞれに個別化されている。物質世界のミクロとマクロの中間領域でなぜこのような現象が起きるのかを説明する必要がある。意識の境界に関しては様々なレベルを設定することが可能だ。細胞のレベル、細胞から構成された器官のレベル、いくつかの器官から構成されたシステムのレベル(例えば生殖系)、ひとつの有機体のレベル、有機体の社会のレベル、生態系のレベル、と言うように。素粒子レベルの物理的な相互作用の束からどのように意識の境界が設定されるのかは物理的な法則の中で必ずしも明らかではない。
by ykenko1 | 2007-02-20 05:52 | 心の哲学 | Comments(0)

Gregg Rosenberg "A place for consciousness"

David Chalmersが彼のブログで勧めていたのでGregg Rosenberg "A place for consciousness"を読んでいる。心の哲学の分野の本。Rosenbergによれば意識の問題を解明するには因果律の問題を考え直さなければならない、と言う。彼の立場はリベラルな自然主義(Liberal Naturalism)と自称しているが、Chalmersに似てある種の二元論で、自然界の根底には単なる物質を越えた側面があるとしている。彼はLiberal NaturalistとしてDavid Chalmers, Thomas Nagel, Wilfrid Sellars, Abner Shimony, Grover Maxwell, Michael Lockwood, Alfred North Whitehead, David Ray Griffin, Bertrand Russellらを挙げている。私自身もLiberal Naturalismに近い考えを持っている。
by ykenko1 | 2007-02-12 07:10 | 心の哲学 | Comments(0)