<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

PSRの定式化のための3つの方向性

PSRの定式化のためには自然現象を捉え方を以下の3つの方向性で整理しなければならない。

1.計算論と結びつけること
2.集合論と結びつけること
3.デジタルな解析に結びつけること

現代数学が論理学、集合論、自然数論などの数学基礎論や抽象空間論に向かったのと同様の方向に自然科学も向かわなければならないのだろう。
by ykenko1 | 2014-04-12 11:12 | 情報論 | Comments(0)

カオスを抱え込むこと

生物は常に自らの内にカオスを抱え込んでいる絶対矛盾的自己同一性を持つ存在だ。

人間や組織が発展し続けるためには、常に自らの内にカオスを抱え込まなければならない。

それができなかったから、ソニーは没落した。
by ykenko1 | 2014-04-09 15:55 | 人生、哲学 | Comments(0)

脳を管理する時代

マインドマップを開発したトニー・ブザンが彼の著書『The Most Important Graph in the World』の中で、今は情報を管理する時代ではない。それはコンピューターがやってくれる。情報を管理する脳そのものを管理する時代だ、と書いている。

私の「脳を管理するツール」はMind MapとEvernoteだ。

最近は何か考える時は必ずMind Mapを使っている。右脳と左脳が動員される感覚があり、頭の中が整理されるし、色々なアイデアが湧いてくる。上から自分の頭の中を覗き込んでいる感じがする。

Evernoteは「第二の脳」と呼ばれている。使いこなすコツを掴むのに少し時間がかかるが、使いこなせるようになると人生が別の次元に入ったと感じることがある。
by ykenko1 | 2014-04-09 14:26 | その他 | Comments(0)

認識論と存在論から見た情報とパターン

認識論的に見るとパターンは情報であり、存在論的に見ると情報はパターンである。
by ykenko1 | 2014-04-09 00:10 | 情報論 | Comments(0)