タグ:介護 ( 17 ) タグの人気記事

執念が道を切り拓く

外来でフォローしていた認知症の患者さんがいた。これ以上、治療的には難しい状態であったので何ヶ月か何もせず経過観察の状態であった。ところが数ヶ月して息子さんが外来にやってきて「もう本当にこれ以上、どうにもならないのでしょうか?」とお話して来られた。「うーん、そうですねー。」と唸りつつ、「それでは別のお薬を出してみましょう。」ということにした。そうしたところ、その薬によって劇的に症状が改善したという。自分で薬を出しておいて驚いた。息子さんの執念が患者さんの生きる道を切り拓いた。愛の執念、恐るべし。
by ykenko1 | 2007-03-08 19:21 | 認知症関連 | Comments(0)

アットホームが良いとは限らない

前頭側頭型痴呆の患者さんで普段は暴言の多い方なのだが、回想法のグループワークの時にはきちんとした話し方をしたり、皆に配慮してユーモラスな話をしたりする。この患者さんにとってはグループワークの時のやや非日常の雰囲気によって、少しいつもと違うスイッチが入るらしい。考えてみれば普通人の生活というものは仕事や家の外での生活と家での生活の二通りを使い分けながら生活しているのが当たり前な訳で、つまりはオンとオフを使い分けながら生活しているパターンが長く続く。痴呆症になったからと言っていつもアットホームのリラックスした雰囲気が良いとは限らない。むしろ少し非日常の環境に身を置く時間を作ってあげることが、本人らしさを取り戻す契機にもなる。
by ykenko1 | 2007-03-02 18:51 | 認知症関連 | Comments(2)

痴呆症のある高齢者の骨折(2)

痴呆症のある高齢者の骨折について、その第二段。私の病棟では転倒のリスクに関してチェックリストを作り、そのポイントの高い順番から入院患者のリストにして、一週間ごとにスタッフで情報を共有して認識を新たにすることにした。それでも100%防げる訳ではないし、チェックリストではポイントの低い方が転倒しない訳ではないと思う。ただハイリスクの方についてのスタッフの意識を優先順位を付けて明確化して取り組む事でもう少し取り組み方が改善することを期待している。(あとはriskyな患者さんに対するスタッフのアンテナを磨いていくことが必要か?)
by ykenko1 | 2006-11-30 06:39 | 認知症関連 | Comments(2)

痴呆症のある高齢者の骨折

それでなくても高齢者の方はバランスが悪く、骨ももろく、転倒して骨折することが多い。それに輪を掛けて、痴呆症のある高齢者は判断力が鈍っているために骨折しやすい。夜中にベッドから落ちたりする事もしばしば。現場としては大変困った問題である。本当に骨折を防ごうと思えば、薬剤を使用するか、抑制をするか、等により行動を制限しQOLを低下させ、そのことがやがてはADLの低下に結びつく。行動制限をゆるめれば骨折する(極端な言い方だが)。その微妙なバランスを取りながら医療・看護・ケアスタッフが関わって行く事になる。あとは過去に転倒の既往がある方はよく注意して見ていくようにする等個々の患者さんの個別的な状況を踏まえながらやっていくしかない。
by ykenko1 | 2006-10-26 12:16 | 認知症関連 | Comments(3)

原因疾患による違い

同じように徘徊して、コミュニケーションが取りづらく、認知機能障害も重度な痴呆症の高齢者の方でも、アルツハイマー病の方だと回想法などのグループワークに参加可能(コミュニケーションは取れないが)だが、前頭側頭型痴呆の方だと参加できない(座っていられない)。見た目には似たような方でも原因疾患によって場面ごとの症状が異なる。
by ykenko1 | 2006-10-06 17:24 | 認知症関連 | Comments(0)

doctor as a medicine

doctor as a medicineという言葉がある。医師の人間性そのものが患者にとって治療効果をもたらす薬の役割を果たすということだ。自分の人間性や人格がとうていそういう境地までは至っていないのだけれど、それを意識して診療にあたっている。ただ病院ではdoctorだけではなくて、看護師 as a demicine、リハスタッフ as a medicine、薬剤師 as a medicine、栄養士 as a medicine、事務員 as a medicine、入院環境 as a medicine、である。それらが全て総合して患者さんにとってのmedicineの役割をしているのは当然のこと。

高齢者の方は例え痴呆症のある方でも、医師のことを大変尊敬して下さる。自分がそういう尊敬に値するとは思わないし、偉ぶるつもりは全くないのだけれど、そういう自分の立場を治療行為として利用することはある。ちょっとした一言で患者さんの気持ちが変わったり、医師がその場にいるだけでケアしやすい状態になったりすることがある。ただ最近は医師の権威も失墜しつつあるから、20-30年もしたらそういう介入法は効かなくなるかもしれない。
by ykenko1 | 2006-09-28 12:12 | 医学・医療 | Comments(3)

痴呆症の重症度とケア

痴呆症の方のケアをするに当たって、その重症度に対する配慮が必要になる。例えばデイサービス等で麻痺はあるけれども、認知機能は保たれている高齢者の中に、痴呆症の方がいると「あの人はいつも同じ話を繰り返している」と言って、仲間はずれにされたり、いじめられたりするようなことがある。これが同じ痴呆症のグループの中でも重度の人が軽度の方々の中で馬鹿にされるというような状況も出てくる。同じ重症度の方々同士はうまくいく。まったく会話になっていないようなちぐはぐな会話でも、同じ話の繰り返しでも、うなずいたり、返事をしたりして延々と不思議なコミュニケーションが成立することがある。
by ykenko1 | 2006-08-16 13:10 | 認知症関連 | Comments(5)

痴呆症のコミュニケーション論

痴呆症の方の日常生活上での問題のひとつがコミュニケーションがうまく取れないと言うことだ。しかし粘り強く付き合っている内に、相手の訴えようとしていること、欲していることが分かってくることがある。(単なる言語の障害ではなく)コミュニケーションの障害のされ方は痴呆症の原因疾患によって異なり、いかにしてコミュニケーションを取れるようになるか、今後の研究課題だと思う。
by ykenko1 | 2006-08-07 11:58 | 認知症関連 | Comments(0)

痴呆患者さんへの非薬物療法(追加)

痴呆患者さんへの非薬物療法について、念のために追加しておくと、評価が困難のためにエビデンスがないことがそのままイコール、効果がないということではない。
by ykenko1 | 2006-07-31 15:08 | 認知症関連 | Comments(2)

痴呆患者さんへの非薬物療法

痴呆患者さんへの非薬物療法(心理社会的介入)には現在の所、あきらかなエビデンスがない。しかし、心理社会的介入の場合、介入する者の技能や介入者と介入対象者の相性やグループワークではグループ内での人間関係など、統制できない部分が大きく、正しく客観的な評価できないことが原因でもある。薬物療法の評価のようにはいかないのだ。
by ykenko1 | 2006-07-31 09:01 | 認知症関連 | Comments(0)