タグ:映画 ( 4 ) タグの人気記事

『デスノート』

「『デスノート』、面白いよね。特にあの藤原竜也がはまり役だよね。」と言ったら、看護師に「先生って、結構ミーハーですよね。」と言われた。確かにそうかもしれない。
by ykenko1 | 2007-03-08 20:20 | エンターテイメント | Comments(2)

『どろろ』

甥っ子が突然、遊びに来て、一緒に映画『どろろ』を見た。全く期待していなかったが、これがなかなか面白かった。

元々は手塚治虫の原作のマンガを映画化したもので、以前マンガの方を少し読んだことがあったので、妖怪退治の話だということは知っていた。しかしもっとも中心的なテーマは人が人を許せるか、特に自分に対して考えられないほどの酷い仕打ちをした人に対しても許すことができるのか、ということだった。それから親子の絆。ストーリーに深みがあって面白く、さすが手塚治虫という感じなのだが、主役の妻夫木聡と柴崎コウもいい味を出していた。映像的には妖怪のおどろおどろしい描写があって好き嫌いが分かれるのだろうけれど、私的にはありだった。
by ykenko1 | 2007-02-25 17:15 | エンターテイメント | Comments(0)

M・ナイト・シャマラン監督の新作

映画監督M・ナイト・シャマランのファンです(前にも書いたけど)。脚本も自分で書いてしまうインド出身の方ですが、映画の中で必ず自分も出演してます(ヒチコックをまねているそうです)。エンターテイメント、どちらかというとスリラーに近いのですが、暖かみがあって、深い。インドの人の頭の中はちょっとわからないですね。有名な神経科学者でラマチャンドランという人がいますが、発想法がどこか西洋人とは違いますね。ところでシャマラン監督の新作映画『レディ・イン・ザ・ウォーター』が10月に日本で公開されるそうで、今から楽しみです。今回はファンタジー的な内容のようですが。
by ykenko1 | 2006-09-12 09:15 | エンターテイメント | Comments(0)

映画『プロデューサーズ』

  映画『プロデューサーズ』を観た。ミュージカルのコメディー。はちゃめちゃさが楽しくてそれ以上でもそれ以下でもないのだけれど、良い意味で頭の中がかき乱されると新しいものが生みだされる予感がする。見方を変えることで汚いもの、つまらないもの、と思われていたものの中から貴重な人生の宝物を見つけ出すことができるのかもしれない。
by ykenko1 | 2006-05-08 15:06 | エンターテイメント | Comments(0)